検索
  • 長尾 修身

働き方改革関連:雇用型テレワークなどについてガイドラインを公表


 厚生労働省から、「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」が公表されています。

 これは、「働き方改革実行計画(平成29年3月決定)」を受けて、従来の「情報通信機器を活用した在宅勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」を改定して策定されたものです(平成30年2月22日策定)。

 雇用型テレワークについて、長時間労働を招かないよう労働時間管理の仕方などを整理し、在宅勤務以外の形態(モバイル・サテライト)にも対応するものとなっています。

 たとえば、雇用している社員を対象としてテレワークを実施する場合においても、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法等の労働基準関係法令が適用されますが、その留意点などがまとめられています。

 企業側の心配としては、

 時間管理が難しい・・・

 仕事とプライベートの区別がつかない・・

 パソコン等のインフラ整備ができない・・

 など、諸問題が多くあり、結局はできる企業とできない企業に格差が生じているのが実態かと思います。

 テレワークを考えている企業の方は、ガイドラインを分かりやすくまとめたパンフレットも作成されていますので、活用されてみてください。

<情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン> ≫ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shigoto/guideline.html

 「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」も策定されています(従来の「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」を改定)。

 是非ご覧になっていただきたい内容となっています。

<自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン> ≫ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/zaitaku/index.html


0回の閲覧
HRD ユナイテッド・オフィス
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒160-0022  東京都新宿区新宿2丁目4-9

OPEN 9:00 - 18:00

TEL       03-5341-4315

© 2018 by HRD United Office.