検索
  • 長尾 修身

留学生に不法就労(週28時間以上) ラーメンチェーン店を書類送検


 人気ラーメンチェーン店の「一蘭」が外国人留学生を不法就労させたとして、大阪府警が、平成30年3月6日、同社の社長、労務担当社員、店長らと、法人としての同社を、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで書類送検した」といった報道がありました。  送検容疑は、ベトナム人と中国人の留学生計10人を、「留学」の在留資格で認められている法定の週28時間を超えて働かせた疑い。  また、留学生12人の氏名をハローワークに届け出なかったとする雇用対策法違反容疑でも書類送検されたとのこと。  社長を含め担当者は、いずれも容疑を認めているということです。

 意外にまだまだ知られていない、外国人を雇用した際に届出る

「外国人雇用状況の届出」

 その他にも、資格外活動許可証が必要。

 今回のケース、労務担当社員が店側にメールで注意していたそうですが、改善されず、現場は

「人手不足でやむを得ず」といったところですが、ルールを守らな

いと書類送検されてしまうということですね。

 最近、外国人の就労に関して相談が増えてきているのですが、特にコンプライアンスを重視していないと、強制送還もあるので、互いが不幸にならないようにアドバイスしていきたいと思います。

<外国人雇用に関するQ&A(東京労働局)> ≫ http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/riyousha_mokuteki_menu/jigyounushi/13-01-19-4_test.html


0回の閲覧
HRD ユナイテッド・オフィス
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒160-0022  東京都新宿区新宿2丁目4-9

OPEN 9:00 - 18:00

TEL       03-5341-4315

© 2018 by HRD United Office.